映画【メメント】の面白さをネタバレなしで解説【MEMEOTO】

YouTube

こんにちは、映画大好きイチでございます。

とは言っても見るのはもっぱらミステリーやサスペンス系ばかりですがw

僕が「今まで見た中で一番面白い映画は?」と聞かれたら
真っ先に挙げる映画があります。

その映画の名前はMEMENTO(メメント)

今日はその「MEMENTO」(メメント)について
ネタバレなしで解説していきます。

それでは早速いってみましょう!

※動画でご覧になりたい方はこちらをどうぞ↓

 

 

監督はクリストファー・ノーラン監督

この映画の監督を手がけているのは
「バットマンビギンズ」「ダークナイト」「インセプション」などの代表作で知られる
クリストファー・ノーラン監督。

    

 

特に有名な「ダークナイト」は過去には世界の映画の興行収入4位にまで上り詰めた大ヒット映画です。

「メメント」は後にこれらの名作を世に送り出すクリストファー・ノーラン監督にとって
2作目の作品で、脚本は監督の弟が手がけています。

ある種、兄弟合作のような映画になっていると言えますよね。

一風変わった主人公の復讐劇

主人公はある事件をきっかけに10分しか記憶が持たない
前向性健忘症という障害を負ってしまった1人の男性。

その「ある事件」とは、何者かに奥さんを殺されてしまうというものでした。

主人公は奥さんを助けに入ったときに犯人に返り討ちに遭い、
頭を強く打ってしまったことで10分しか記憶が持たない身体になってしまったのです。

事件より前の記憶はしっかりと覚えているものの、
それ以降の記憶は10分経つごとに失われてしまう…

そんな主人公が事件の犯人と真相を見つけ出し、
復讐するというのがこの映画の大まかなストーリーです。

途中、主人公を取り巻く2人の人物が出てくるのですが、
これがまた興味深くて主人公の記憶が持たないことをいいことに、
自分のいいように利用しようとします。

人間って怖いですねww

事件の真相を暴く3つのカギ

10分しか記憶が持たない主人公は果たしてどのようにして犯人を暴き出すのか、気になりますよね。

この映画には重要となるのは3つのカギが存在します。

まず1つ目は「メモ」です。
事件に関係のある重要なことはとにかくメモを取ります。

2つ目は「写真」です。

インスタントカメラで撮影し、その場で出てきた写真に
その人の名前や連絡先、どんな人かを書いて把握しやすくしておきます。

そして最も物語で重要となってくる3つ目が「タトゥー」です。

例えば「犯人は白人である」だとか、イニシャルや車のナンバーなど
確実に重要な情報は無くならないようにタトゥーにして自分の身体中に彫っていくのです。

少し狂気的ではありますが、とても面白い工夫ですよね。

テーマは記憶の危うさ

映画の中にも「記憶は記録じゃない」と言う言葉が出てくるのですが、
事件の真相を追っていく中でたくさんの目撃談が出てきます。

1人の目撃談によって犯人が白人にも黒人にもなる、
自分の思い違いや思い込みで間違った情報になることもあるということです。

僕もとある轢き逃げ犯のことを特集しているテレビを見たときに、
証言は黒い車だったのに見つかったのは赤い車だったなんてことがありました。

一瞬の記憶による証言は、たとえその人が意図的に嘘をつこうとしていなくても、
心の底から事実だと思っていたとしても、思い違いや思い込みによって
間違った情報が生まれてしまう可能性があるということなのです。

なんとも記憶の危うさについて考えさせられる映画ですよね。

見どころは疑似体験できる構成

主人公は自分が記憶に障害持っていることを把握した上で、
「俺は写真やタトゥーで事実だけを刻んでいる、だから正しい真実に基づいて犯人に辿り着き復讐するんだ」と
犯人を追い詰めていくのがこの映画の面白いところなのです…が!

しかし!!!

この映画の真の楽しみ方は、主人公の「10分しか記憶を維持できない」という
前向性健忘症を疑似体験ができるところにあります。

始まりのシーン

当たり前ですが、時間の流れは古い方から新しい方に流れて行きますよね。

この映画でもそのように時間が流れていくのですが、
この映画における最初のシーンは時系列でいく一番最近の出来事。

1枚のインスタント写真に死体が写っているシーンから始まります。

それを数秒したら振る、数秒したら振る、を繰り返していくうちにだんだん写真が薄くなっていきます。

ん?と不思議に思ったところで次に写真を取るシーン、血が戻っていくシーン、
最終的にそれが逆再生であることがわかります。

そして主人公がある人物を撃ったところでそのシーンが終わるのです。

時系列が逆に進む

始まりのシーンは逆再生するとこから始まるので、
映画全体がそのように逆再生で進んでいくかというと、そうではありません。

仮に映画の時系列を1・2・3・4・・・・9・10と区切ったときに、
まずは9から10まで、次に8から9まで、
といったように時系列ごとに過去に戻っていくという構成になっているのです。

それはつまり、先に流れるシーンの冒頭をきちんと覚えておかないと、
次に流れるシーンのラストに結びつかなくて混乱してしまうということです。

これがこの「メメント」が何回映画と呼ばれる由縁でもあり面白いところなのですが・・

前の時系列の情報がない中で、今見ているシーンを進んでいかなければならないという点が健忘症の主人公の擬似体験になっているのです。

最後のシーンが「1番古い時系列」ではない

この流れで行くと最後のシーンが1番古い時系列なのでは?と思うかもしれませんが、
そうではなく、時系列でいうと1/5経過したあたりが最後のシーンになっています。

ではそれより前のシーンはどこに行ったのかというと、
先ほど挙げたように9から10まで、8から9まで、と進んでいく間にそこの部分が少しずつ挟まっているのです。

しかもそこは時系列順にモノクロで表現されています。

メインの部分はもちろんカラーなので、最後のシーンではカラーとモノクロが混じっていく、
という演出になっています。

説明が難しいのですが、最初に主人公がある人物を殺すところから始まって、
そこに至るまでの経緯や真相が段々と明らかになっていくという構造になっています。

何度も見るとさらに面白い!!

とても難しい構造をしているため、何度も見ないとストーリーをしっかりと把握するのは難しいと思います。
その分、見るたびに新しい発見もあるので楽しいです。

ちなみにDVDには「時間軸モード」という時系列ごとにシーンが並んでいるものがあるので、
一通り見た後でストーリーを整理するために見るのも良いかもしれません。

途中、主人公が走っているところから始まるシーンがあり、
「あれ、俺何やってるんだ」と言いながらパッと横を見ると
障害物を挟んでもう1人の男が並行して走っているのを見つけます。

「あ!あいつを追ってるんだった」と思い向かおうとすると
相手が急に銃を構えてきて、「違う、俺が逃げてるのか!!」となるなど、
記憶がリセットされて「俺何やってるんだっけ」となるシーンがたくさんあります。

主人公の疑似体験をしながら進んでいく展開はとても斬新で面白いです。

とにかく見て欲しい作品

構成が複雑で解説するのがとても難しかったのですが、
この映画が大好きってことを伝えたかったのでネタバレなしでご紹介しました。

とにかく見て欲しいです!!

そして見た上で語り合いたい・・

構成の面白さだけでなく、中に出てくる「記憶」というテーマ。

映画内も出てくる「記憶は記録じゃないんだ」というセリフにもあるように、
この「記憶」がとっても重要になってきます。

是非一回見てみて欲しい!!