MacBookが似合う場所を求めて

ネタ

みなさんこんにちは、イチです!

突然ですがみなさんノートパソコンは持っていますか?

ノートパソコンを持っているってことは、自宅以外で作業される方が多いと思います。

僕も先日、おしゃれノートパソコンの王者「MacBook」を買っちゃいました!

「ノートパソコンを買ったからには外で作業」という考えになるのは当然の成り行き。

早速、小脇にMacBookを携えてコレでドヤれ……似合う場所を求め探しに行きました。

 

スターバックスコーヒー

とにかく王道〝スターバックスコーヒー〟

やっぱりMacBookといえばスタバですよね。

スタバでドヤるためにMacBookを買ったっと言っても過言ではありません。
むしろ主な目的はそれです。

とにかくスタバでMacBookを開きたいんだ。
MacBookを所持している人でこれに異論を唱える人はいないと思う。
と言うか、いたとしても断固として認めない。

それくらいスタバとMacBookは親和性が高く切っても切り離せない
いわばタピオカとミルクティーくらい切っても切り離せない関係だ。

実際にいろんなスタバに訪れるたびに思うのは
MacBook以外のPC持込を禁止してるんじゃないかと思えるほどのMacBook率の高さ。

もうアップルの子会社に違いありません
もしくは業務提携M&A。

そんなテキトーな嘘は置いといて、

まず訪れたのはスターバックスコーヒー大府店

もう外観からしてオシャレです、さすがスタバ。
普段Twitterの中で生きているリアルではむさいアラフォーな僕を
余裕で寄せ付けいないオーラを放っている。

3年くらい前までは入店そのものも戸惑うほどのオシャレさでしたが
今では多少、僕のレベルが上がってきていてなんとか入店できるようになりました(違

スタバはMacBook使いのオアシス
きっと入口にセンサーがあってMacBook以外のPCは弾かれる仕様になってるに違いない。

MacBook初心者の僕はドキドキしながら入店しました。
ちょうど中学生の時に初めてエロ本を買った時くらいのドキドキ感です。

 

いざ店に入ると、けっこう席がいっぱいで座れるところが限られている状態でした。

そして当然のようにリンゴマークを見せつけるようにカタカタやってる人が2人もいました。

なんとか空席を見つけて座った場所は、なんと壁際に向かうカウンター席。

「だからなんだ」って思ったでしょ?

壁に向いてるカウンター席に座ったということは、
MacBookのリンゴマークをアピールできないってことです。

これでスタバに来た意味が83.7パー失われました。

完全に一人で入店したので、その様子を写真に収めてネタにしたり
この記事に貼り付けることもできず
泣く泣く3時間ほど作業だけして帰ってきました。

圧倒的敗北感。

 

リベンジ〝スターバックスコーヒー〟

このまま引き下がっていてはMacBookを買った意味がないというもの。

Twitterでよく見かける
平常心でスタバでMacBookできるビジネスマンたち…
僕もそちらサイドへ行くべくリベンジをすることにした。

次に来たのはスターバックスコーヒー名城公園店

やはり圧倒的オシャレ感。

僕もおしゃれビジネスマンの仲間入りするというぞという固い決意のもと
またもや買ったばかりのMacBookと不純な動機を小脇に携え
PCでやる作業なんてこれっぽっちもなかったけど入店しました。

なーに、怯む事はない
スタバでMacBookさえ開けばこっちのもの
実際にTwitterやってようがカッコよくオシャレに、かつデキる風にドヤれるはずだ。

今回は席の角度もバッチリで
リンゴマークを店内に向けれる角度で席も確保できた!


撮影:あやか(イチ組)

いいッ! いいぞッ!!
これこそ僕が求めていた「スタバでドヤ顔MacBook」!

完全に決まった!
フィギュアスケートで言うなら羽生結弦もビックリの4回転ルッツだ。

もうこれで思い残す事はない。
なんならこれさえできれば外でPC作業しなくてもいい…
と言いたいところだが、実は一つ問題が。

それは、この時
店内には僕と店員さん以外の誰もいなかったと言う事。

つまりどれだけオシャレに見えても
どれだけカッコよくても
どれだけ得意げな顔しても
それを見てる人は皆無、一人もいないのだ。

マジですか
ここ名古屋ですよね?
愛知、いや東海圏の中心地の名古屋ですよね?
その中心地にある、あの有名なスタバですよね?マジですか?

店員さんから見たら、もはや痛いおっさんにしか見えてない確率の方が高い。
そう考えると店員さんの視線も痛い。
きっと被害妄想なんだけど。

そんなこんなでせっかくの「スタバでMacBook」するも
アピールできるオーディエンスがいなくて未遂に終わった。

いつかまたリベンジしようと思っている。

 

人が集まる場所へ

そうか!オーディエンスにアピールしたいなら
人が集まるところへ行けばいいんだ!

なんでそんな根本的なことに気づかなかったのか。

なぜあんなにスタバにこだわってたのだろう
ステレオタイプな自分が恥ずかしくなりました

世の中の常識にとらわれ物事の本質を捉えることを忘れていた、
いや楽な方へ行こうと思考停止していたのは紛れも無い自分だ。

牙を研ぐのをすっかり忘れていたのだ。
飛べない豚はただの豚。

と言うことで、愛知県で人が集まる場所を探したところ
名古屋駅の金時計がうってつけだと言う結論に達しました。

名古屋駅の金時計とはー

愛知、いや東海圏の中心駅である名古屋駅構内にある時計のこと。

文字通り金色をしていることから「金時計」と呼ばれている。

高さがあって目立つためか待ち合わせ場所として利用されている。

名古屋市内、いや愛知県内で最も有名な待ち合わせ場所といってもいい。

名古屋の待ち合わせのメッカならば人も多いはず。
むしろいないわけはない!と言うことで

「金時計でドヤ顔MacBook」


撮影:さわ(イチ組)

かましてやりました!
人混みの中でやってやりました!w

……

……

「恥ずかしい。」
それ以外の感情が湧き出てこない。

待ち合わせの人だけでも余裕で100人は超えてる。
往来する人も合わせたら計り知れない人数だ。

そんな中パソコン開いて作業してるのは僕一人。
痛い。いろんな意味で。

見られる場所でやればいいってもんじゃないってことを学びました。

学んだと言うより、事前にうっすらわかってたんですよね
だって普通に考えれば当たり前です。

都市中心駅の構内の待ち合わせスポットでPCで作業すると言う思いつきなんて
正常じゃありません、もはや狂気の沙汰です。

ここも違う。
ここじゃない感しかない。

おまけ

実はこの名古屋駅での撮影時に他の写真も撮ってまして
それがこちらのツイート

 ただじゃ転ばない。

砂一粒でも掴んで立ち上がりましょう。

 

どこでもやれるノマド感

外で作業するにあたり何がオシャレでカッコいいのか
改めて再考することにしました。

そうか。

どこでもやれますって言うノマド感がカッコいいんじゃないか。

そもそもMacBookはノートパソコン
移動して作業できるようにしてあるじゃないか

自分が目立つことばかり考えて
ノートパソコンの本来の目的を忘れていた。

「いつでもどこでもできる」
これがカッコいいんだ。

実は先ほどの金時計へ行ったのには他にも理由がありまして
この日は実はTwitter経由でオフ会が行われる予定で
その待ち合わせ場所が何を隠そう金時計前だったのです。

オフ会か……なるほど。
これはいいかもしれない。

オフ会でMacBook……いいじゃないか。
時と場所を選ばず作業してるところがノマド感を演出してくれそうだ。

この日の参加者と待ち合わせをして店へ移動。
そして乾杯をしてオフ会がスタート。

僕もすかさずMacBookを広げる!


撮影:さわ(イチ組)

 えーまずデメリットから申し上げますと
・テーブルが狭くなり皿やグラスが置けない
・食べ物や飲み物をひっくり返してMacBookを壊す可能性が割と高い
・作業してるので会話に入れない
・そもそも何しに来たの?

などなど枚挙にいとまがありませんので、この辺りにしますが
とにかくデメリットしかない。

確かに時と場所を選ばず仕事をしてる感は出ますが
何も楽しむために来たオフ会でやることじゃありません。

完全にどうかしてます。
常人の思考回路ではあり得ません。

「時と場合を選ばない」と言う点ではカッコ良さそうだなと思ったんですが
どうやらここでもないようです。

 

まだまだこれからも探し求める

結局今回の探索では探しきれませんでした。

これを読んでるみなさんの中で
いい場所をご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください!

もう言わなくてもわかってると思いますが
真剣な意味ではなくネタ的な意味での「いいところ」です
念のために言語化しておきます。

 

と言うわけで
僕とMacBookの理想郷が見つかるまでは
家でおとなしく作業することにします。