Twitter企画の裏側を見せちゃいます

twitter



各記事に見えない魂も書く! イチ(@u_1ch1)です。

前回の記事の冒頭にも書きましたが、ブログを運営するにあたってSNSと相性がいいからという理由で、Twitterも運営しております。

Twitterをやっていると、「企画」をしている人をみかけませんか?

例として、直近で僕が参加させてもらったおもしろい企画があったので、ジャブがてら紹介しておきますね。

僕は彼のことが大好きなので、もちろん乗っかりました。

このクオリティすごくないですか?

だって一人ひとりに画像付きで、ちゃんと手間暇かけて返信してるんですよ!!

これは、さすがに感動しちゃいました!

イチ
ちなみにこの企画で、彼はフォロワーを減らしたそうですw
過去イチ
さあ、本題に戻ろう

 

僕自身もTwitterで何度かフォロワー企画をやってきましたが、繰り返してるうちに気づいたことがありました。

今回は、いくつかやってきたTwitter企画を例に出して、

・どのように実行したか?

・どのような効果が出たか?

など、赤裸々に書いていこうと思います。

これからTwitter企画を考えている方は、要チェックな内容です。

 

代わりにアピール企画

僕が過去2回開催した企画で、

「僕のフォロワーさんへ向けて、あなたのことを代わりにアピールします」というもの。

 

この時の僕はフォロワー234人程度にもかかわらず、たくさんの応募がありました。

理由は、「僕のフォロワーには影響力のある人も多数います」という追加コメントをしたからです。

(どうやって、影響力のある人達からフォローされたのかは、また別の記事にて)

 

もう1つの「代わりにアピール企画」はこちら

なぜ、この企画を2回も実行したのか?

多くの応募を、効率良くこなす裏技的な話なので、あまり言いたくないんですが……

この記事を読みに来てくれた、あなただけ特別に教えちゃいます

イチ
理由は、返信が簡単だから

 

 

どういうことかというと、代わりにアピールする」だけなので、その人のプロフィール文固定ツイートの文言を抽出するだけでいいんです。

こういう企画にのってくる人というのは、多少なりとも自分もフォロワーを増やしたい気持ちがあります。

ということは、自分のアピールポイントはプロフィールや固定ツイートにあるんですよ!

あとは、そこから抜き出すだけ。

たまに端的にまとめる程度でいいので、サクサク企画返信ができて効率よく返信することができます。

 

ただ、感謝される度合いとしては【中】程度ですので、

企画にのるためにフォローして終わったら解除されることも、ちらほらあります。

 

ちなみに、この2回の企画がキッカケでこちらの記事を書きました。

 

スポンサーになります企画

スポンサーがほしい人を集めて、選考によって1名のスポンサーになりますという企画。

 

これは、企画を実行する側としては、とても楽です。

1人に絞るという過程は迷いに迷いますが、先ほどの企画のように、60人に返信することを考えれば断然ラクです。

この企画でスポンサーにつくことになったのが、のぶおさん。

将来的にやりたいことと、直近の目標が明確になっていることが選考の理由でした。

このおかげで、たった1名ですが他の企画を行う時より強いつながりを作ることができました。

 

ただ、この企画の場合は、終わってからのフォロー解除が他の企画に比べて多かったです。

簡単に言ってしまえば、金もらえなきゃ用無しってことw

過去イチ
なんかシューーって音が聞こえるくらいの勢いでフォロワーが減っていったよ

 


あなたのことを褒めます企画

読んで字のごとく、企画参加してもらった人たちを僕が褒めるという企画です。


これは、なかなか時間も労力も使います。

理由は、その人のプロフィールやタイムライン、時にはブログやYouTubeなどを見て、いいと思ったところを自分の言葉として返信しなければいけないから。

しかも、コメントすべてを褒める言葉で埋め尽くす必要があるので、ハードルは高めです。

ポイントとしては、せっかく褒めるのでテンション高めに見えるように返信するということ。

 

これは、めちゃくちゃ時間かかりましたが、それだけ苦労して返信している分、感謝される度合いも高めです。

イチ
ひたすら返信ツイートだけをやってたな

 

あなたを褒めて&アドバイスします企画

先ほどの進化版で褒めた上に、改善点をひとつ伝えるというもの。

これも先ほどと同様、自分の言葉で伝える必要がありますが、すべて褒める/すべてアドバイスするコメントをしなくていいので、比較的楽です。

理由は褒めることも、アドバイスも一言ずつでいいから。

この企画、実は他の人もやっている人が何人かいまして、僕はそんな彼らとは決定的に違う返信方法を心がけました。

たとえばアドバイス内容が「アイコンを笑顔に変える事」だとします。

こういった企画で返信する人は、ほぼすべて「アイコンを笑顔に変えるといいですよ」みたいな返事をしてるんです。

しかし僕の場合は、こう返しました。

「アイコンを笑顔に変えるだけでも、とっつきやすくなるので、いいねやリプが増えますよ」

そのアドバイスを参考にすると、どうなるかイメージさせるところまで書きました。

これがなかなか効果絶大で、今まで一番フォロー解除が少なかったです。

それどころか、この企画返信ツイートを見てフォローしてくれた人もいました。

労力と効果のバランスでいくと、過去に行った企画の中で、この方法が一番コスパがいいように思います。

 

過去イチ
おまえ、これで一皮むけた感があるよな
イチ
少しだけだけど、確かに周りから見られる目が変わったのを感じたぜ
過去イチ
すぐにちょーしのるんだなw

 

 

これからも企画する!

過去に行ってきた企画を振り返りつつ、どんな方法で実行していったか、どんな効果があったのか、包み隠さず書いてみました。

これから、企画を考えてる人や、企画やってみたけどスベッったなって人の参考になれば、と思います。

 

僕自身これからも、企画をやっていくと思います。

今回書いたように、効果やコスパも、もちろん考えますが、

やはり基本はフォロワーさんたちへの感謝だと思っています。

そこの根本をしっかり考えた上での企画なら、きっと喜んでくれる人はいます。

 

過去イチ
手の内を明かしちゃったから、次回からやりにくいね