ブロガードラフト会議を終えて~全戦略公開します

twitter

 

 

モラルを欠かずに、記事を書く!

イチです。

 

先日、ブロガードラフト会議というイベントが開催されました。

ブロガードラフト会議とは・・・

駆け出しブロガーたちが、渾身のアピール記事を書き

それを審査員たちが審査して、気に入ったブロガーを指名し

スポンサーにつくというものです。

ブロガードラフト会議に出ます! 今持ってるすべてを出し切れ!!

 

先に結果から言うと、

スポンサー獲得しましたッ!!

おめでとうございます!ありがとうございます!

 

しかも、2名から指名が入り、スポンサー料のオークションになり、

そのうちの1名からスポンサーを受けることになりました!!

ありがとうございます!ありがとうございます!

 

これは戦略を持って大胆に行動した結果だと思ってます。

 

正直、結果が発表されるまではドキドキでした。

結果発表の時も、期待と不安と緊張で指が震えました。

生まれてすぐの子鹿が立とうとしてる時の後ろ脚ぐらい震えました。

 

それでも、記事そのものは、かなりの気合を入れ

ネタを仕込んで書ききったので、正直なところ少し自信はありました。

(そのブロガードラフト会議用の記事はこちら)

 

当記事では、このブロガードラフト会議で2名から指名を受けるまでの

自分なりの戦略を全部公開したいと思います。

 

 

ルールがない!?

今回のブロガードラフト会議について、

 

1.日程は基本的には3日間で、記事の投稿日、審査日、審査発表ドラフト会議当日。

 

2.参加者と審査員の発表

 

3.審査対象は記事リンクが貼ってあるTweet

 

それ以外のアナウンスがなかったんですね。

これがすべての肝でした。

つまり今回のブロガードラフト会議には、ルールがなかったんです。

 

これから書くすべての戦略の大元の考え方です。

だから、ぶっちゃけ審査員に記事の相談しても全然よかったと思うんです。

 

ルールがない

そこに気づけたこと。

気づいて遠慮なく行動できたこと。

ここは大きなアドバンテージでした。

 

どんな記事を書くか

まずは、審査員にアピールするためにどんな記事を書くか。

ここから考えました。

 

他の参加者を見ると、僕より先にブログを始めており

収益化もできてる人が多く、

正直まともにやりあっても勝てないと思いました。

 

では、勝てるようにするにはどうするか?を考えた結果、

同じ戦場ではなく、勝てる戦場に審査員の目を向けさせることでした。

 

どうやら、ドラフト会議用に自分を売り込むアピール記事を書く人が多そうだったので

自分はそういうのではなく、自分の好きな、自分のできる、自分を知ってもらえる記事を書こうと思いました。

 

そういう経緯で、インパクトがあって笑えるネタ記事を書くことにしました。

 

高知へ行くというインパクト

ただ、面白い記事を書くだけでは印象に残らない。

そこにさらに、重要な要素を加えなければ!

 

そこで、考えたのが

高知にいる審査員に会いに行くということでした。

 

幸い、その審査員さんにはこの時点で認知してもらっていて

何度かやりとりがあったので、

DMでお願いした時も、快く引き受けてくれました。

 

ただ会いに行くだけでは、おもしろくないので

ワ●ロをわたしに行くという、反則ギリギリの汚い手を使うという

インパクト×おもしろさ

これを狙いにいきました。

 

審査員も仲間に

前項でも書いたように

審査員さんに協力してもらっているので

協力した以上は気になるのは人情ってものです

 

念のために言っておきますが

これをやったからと言ってスポンサーにつくわけではないって話はお互いにしました。

はっきりと「つまらんかったら、スポンサーしない」って言われましたから

 

内心、それはそれで(え?せっかく愛知から高知まで来たのに?)と思ったのは

ここだけの話でお願いします。

 

 

参加者にもインパクト

ここは、スポンサー獲得とは少しずれますが

同じブロガードラフト会議参加者にも

「ただものじゃないやつがいる!」と思わせたかったので

このドラフトのために愛知から高知まで行くという圧倒的な行動力

印象付けには成功したと思います。

 

 

無料ブログからWordPressへの移行

実は、ブログを初めて1か月間

無料ブログでやっており、今回もそのまま行く予定でした。

 

ですが、その会いに行く審査員に「WordPressに移行しといた方がいいっすよ」

という助言を、愛知から高知に向かう道中でもらったので、

(ここは審査員を仲間にするということに関連してますね)

慌ててサーバー契約、独自ドメイン取得、WordPress開設、有料テーマ購入をして

いろいろ勉強や、調べながら何とか記事を書きあげました。

 

おかげで、見やすいと評価をいただいたりしながら

開設1記事目にもかかわらず1,000PV/1日を達成することができました

 

審査日前に拡散して話題作り

このブロガードラフト会議の日程が

10/23 投稿日

10/24 審査日

10/25 結果発表

 

という流れだったので、

投稿日当日に、所属しているオンラインサロンにて

Twitter上での拡散をお願いしました。

記事の面白さには、自信があったので

拡散されれば、それなりの評価はもらえるとの予想でした。

 

審査日に少しでも審査員の耳に入るように

話題作りができれば、との考えの策略です。

 

結果、記事は好評で

この記事のおかげで、Twitterのフォロワーさんが増えました。

 

そして、審査前にもかかわらず数人の審査員から

おもしろい!という評価をもらえました。

 

裏話もあるかもという期待

審査日にあてて記事を拡散してもらっているときに

実は、アナザーストーリーや裏話があるかも?という、期待感もあおりました。

 

続きがあって、気になるように仕向けました。

メイキング オブ 「人生で初めてワイロを贈ってみた」

 

この記事も好評で、労力をかけたのにボツにする苦労も知ってもらえて

個人的にも、素材を無駄にせずに使えてよかったなと思っています。

 

最後に

以上がブロガードラフト会議における僕がとった戦略です。

ずるいと思われるかもしれませんが

初めにも書いたように、ルール無用、気づいて行動して有利に進められるか

ここに気づけたことが大きなアドバンテージだったと思います。

 

同じドラフト会議参加者であるはるちゃん

このように振り返っています。

ドラフト会議、スポンサーがついた方の理由はコレ!

この熱い思いに触発されて、当記事を書きました。

 

これを読んでるあなたの、今後の何かのお役にたてればと思います。

 

戦略を持って大胆に行動せよ!