メイキング オブ 「人生で初めてワイロを贈ってみた」

ネタ

記事は書いても、情熱は欠かない!

どうも、イチです。

 

前回の記事が好評で、わかりやすいほど調子に乗ってます。

人生で初めてワイロを贈ってみた

一生懸命ネタを仕込んで、一生懸命書いた記事なので、

多少の調子乗りは許してください。

 

それにしても、この記事がブロガードラフト会議前から反響が多くて、

裏話・外伝教えてほしいとか

 


同行したカメラマン誰だよ?とか

 

協力してくれたキック氏本人も

ということだったので、

今回は、人生で初めてワイロを贈ってみた話の

当初考えてたもう一つのストーリーと、

裏話などについて書きます。

 

 

 

当初考えていたストーリー

当初考えていたストーリーは全く別物で

なんと!「キック氏を刺す」という衝撃的なものでした。

とはいえ、凄惨な雰囲気ではなく、

思いっきり白々しくネタ記事らしく書こうと思ってました。

 

記事の冒頭に、

ブロガードラフト会議にあたり、審査員に刺さる記事を書かなければ

いや、そんな甘いこと言ってるからダメなんだ・・・ッ!

審査員を刺す勢いで記事を書かなければ!!

という一節を入れる予定でした。

そして、ワイロのくだりはほぼ同じなんですが、

酒を渡して帰る前に

そういえば、人を引き付ける文章の書き方は「結起承転結」

冒頭で刺す記事を書くといった以上、キック氏を刺す必要があります。

というながれで、背後からキック氏を刺すくだりをオチにする予定でした。

その時の様子の写真です。

訪ねるというくだりは同じで

 

挨拶をして

 

 

 

握手。

このあたりも、同じような流れ。

 

そして、ワイロをわたし・・・

 

ここで、ナイフ。

冒頭に刺す記事を書くといった以上

結起承転結にのっとって、刺す必要がある・・・ みたいな流れですね

今思うと、少々強引な感じがしますが。

 

そして、油断して家に招き入れてくれるとこを

背後から刺す(!!

 

 

キック
ぐわあああぁぁぁっ! なにしとんねん!!

 

イチ
すまん!!審査員を刺す記事を書かなければならないんだッ!!

 

キック
あほか! 刺さる記事って・・・
キック
そういう意味と・・・
キック
ちゃうや・・・
キック
ろ・・・

 

イチ
・・・・え? ちがうの??

 

 

こんな感じの流れでした。

今、書いてて思ったんですが

凄惨にならないと言っておきながら、かなり凄惨臭がしてますね。

というか、凄惨でしかないです。すみません。

 

これのために、おもちゃのアーミーナイフをドンキホーテで探し回ったり、

血糊をamazonで買ったり、血を際立たせるため新品の白トレーナーを買ったり

労力と金銭面でいうと、確実にこちらの方がかかってるんです。

 

そういう労力がかかってると、ついつい採用したくなるのが

人の感情なんですが、バッサリとボツにしました。

 

ボツの理由は

1.撮った写真素材がイマイチ弱くて少ない

2.流れ的にいいオチが想像できなかった

3.ストーリーそのものの流れが強引になりそう

 

ただ、先ほども言ったように、下準備などの労力的には

ほとんどこのためにかけておりまして、

正直ボツにするには、自分の中で葛藤があったんですが

重要なのは、面白い記事を書くかどうかであって、

労力がかかったかどうかではない。

なので、自分の情けは冷静に切り捨てることにしました。

 

アナザーストーリー的に、もう一記事にしようかとも考えましたが

ボツにしたものを、わざわざ仕上げる必要もないかなと思い、

でも、せめてキック氏と僕自身の労力に少しでもスポットを当てたいという気持ちから

今回のような形にしました。

 

途中、仲良く血糊を手に付ける一幕も。

カメラマンさんが、しっかり撮ってくれてました。

 

 

実はもう2人の協力者がいました

実は、今回の記事の作成において、

もう2人、協力者がいたんです。

それが、キック氏の奥様と1歳の娘ちゃんでした。

 

この当日は奥様の誕生日!

そんな大事な日に、お付き合いいただいて感謝しかありません。

 

で、当記事の冒頭でも少しふれましたカメラマンなんですが、

それがなんと、キック氏の奥様なんです。

しかも、しかもですよ!

1歳の娘ちゃんを抱っこひもで寝かせながらの撮影!!

本当に本当にありがとうございました!

 

僕のイメージしているカットを上手に再現するように撮ってくれたり

演技っぽく普通に動いているところを、後で使えるものを選びやすいように連写してくれてたり。

 

初めは僕の顔を見て泣いてた娘ちゃんも

帰るころには、笑顔を見せてくれるようになって

とても嬉しかったです。

 

奥様と娘ちゃんは(おそらく)顔出しNGなので

写真等の証拠はありませんが、

娘ちゃんは、しっかり笑ってくれましたから!嘘じゃないです。

 

そして、写真素材撮影後に4人で仲良く近所の定食屋さんに行きました。

いろいろ話しながら、実は僕的にはもう一つキック氏に伝えたいことがありました。

 

それは、

「ブログとかツイッターとか、先を言ってる先輩ではあるけれど

それを抜きにして、普通に友達になりたい」 ということ。

 

それを、快くOKしてもらえて、さらに

「今度は家族でゆっくり観光で来てください」 と言ってもらえたので

この時を境にキック氏は完全に友達だと思ってます。

正直とても嬉しかったです。

 

奥様にも、「ご家族連れで来てくださいね」と言っていただけたので

来年の夏にでも家族で遊びに行こうかと思ってます。

 

 

事前のやりとり

ここまで来たら もうお分かりかと思いますが

事前にしっかりやりとりをしています。

相談したら、ガッチリ乗ってきてくれました。

思い切ってみるものです。

だけど、この後にキック氏の方から 更なる提案がありました。

ノリにノッてきたのか、キック氏からまさかの提案がありました。

最後の一文なんて、キック氏の悪い笑顔が思い浮かびます。

この時点でまだ会ったことはありませんが。

 

なので、地酒はキック氏とイケハヤさんの分

2つ用意していきました。

 

イケハヤさんにフォローされた話

キック氏の提案にのってイケハヤさんにもワイロを贈る予定でいたのですが

あいにく、その日は不在ということだったので、

地酒をキック氏に託すことにしました。

 

そのあたりの話は、前回記事の最後の方にも書いたのですが

実は、ここだけは一切脚色なしのガチ話

本当に、手紙を書き

 

本当に、フォローしていただけました。

なので、ありのままを書いてます。

 

 

最後に

誤解のないように言っておきます。

地酒は本当に渡していますが、

だからと言って、ドラフト会議でキック氏が僕のスポンサーになるかどうかは別の話。

ちゃんと、ほかの人と同じように審査すると、何度もお互いに確認済みです。

あくまで、ワイロを渡して出し抜こうとするネタ話です。

でも、おもしろそうだからと乗ってくれたキック氏には感謝しかありません。

 

今回、初めて企画ネタ記事やってみましたが

思い切って行動してみてよかったです。

一度振り切ってしまうと、本当にいろんなものが見えてきます。

それでも、まだまだ井の中の蛙。

もっともっと振り切って、もっともっとみなさんに楽しんでいただける記事を、これからも書いていきます。