かわいいおじいちゃんが起こした、まさかの事件

ネタ

 

僕は普段、中古車販売店で働いています。

日々、いろいろなお客様が来店され

いろいろなお話をします。

その中で特に印象的だったかわいいおじいちゃん。

そのかわいいおじいちゃんのお客様が起こした、まさかの事件について、

ぜひ皆さんに、共有したいと思い

今回の記事を書きました。

 

 

 

 

▼かわいいおじいちゃん来店

f:id:u-1ch1:20181008030302j:image

僕は中古車販売店で働いているのですが

新車は、注文を受け希望の装備をつけられるのに対し

中古車は、すでに流通してるものの中から

条件に合うものを仕入れることになるんです。

 

なので、中古車の注文を受けた場合は

1.希望条件をなるべく細かく聞き

2.条件に合ったものの中でも状態の良い車で

3.かつ予算内で買えるもの

これを全国のオークションなどから探して、

仕入れることになります。

 

ある日、新規のお客様が来店されました。

おじいちゃんなんですが、

まあ、これがかわいいんです

いわゆるかわいいおじいちゃん

 

近所に住んでいるとのことで

いつも店の雰囲気がよさそうだからと

うちの店に車を買いに来てくれました。

 

自動車は高額なので慎重になる方が多いんですが

このおじいちゃんは、初めからうちの店を信用してくれて

こちらの説明も真剣に聞いてくれました。

 

いつものように、まず条件を聞いて確認していくのですが

「孫と一緒に乗りたいから、孫が見れるように

じデジ(たぶん地デジのこと)のテレビをつけてほしい」

と、もはや言い間違いすらかわいいんです。

 

訂正? もちろんしません、かわいいので。

 

他にも、

シートを倒してのびのび横になりたい

スライドドアで乗り降りしやすい

など条件のすり合わせをして

この日は終了しました。

 

 

▼条件と違う車を仕入れてしまった

f:id:u-1ch1:20181008124126j:plain

後日、希望の車を仕入れて

実際に見てもらうことになったんですが

こちらの確認不足で手違いがあり

若干の年式の違いで

シートを倒すことができず

のびのびと横になれる角度にならないことが発覚

 

それでも、おじいちゃんは

「一生懸命探してくれたから

これを買わせてほしい。」

と言ってくれました。

 

かわいいに加えて、めちゃくちゃいい人。

 

お客さん全員がこうだったら

平和なのになぁと思いました。

 

「本当に申し訳ございません」と何度も謝りつつ

契約書にサインしてもらいました。

 

 

▼銀行に連れてくるほどの信頼関係

f:id:u-1ch1:20181008124600j:plain

そして納車の日、

車両代を支払ってもらうんですが

「多額の現金を持って来るのが怖いから

銀行についてきて、

銀行から直接お金を受け取って欲しい」

と依頼があり

一緒に銀行に行くことになりました。

 

ここまでくると、

完全に信頼してもらってると思います。

 

車屋で働いててこんないい人は

本当に初めてでした。

 

しかし、周りからは怪しそうに見えてたと思います。

 

振り込め詐欺的なものかなにかで、

だまし取ろうとしてるんじゃないか?

そんな感じで。

 

そんな目線をものともせず

おじいちゃんは、その現金を一度も手にすることはなく

僕は、銀行員から直接、車両代を受け取り

車も引き渡すことができ、

無事に納車が完了しました。

 

そんな今までのエピソードを社内で話しても

やはり従業員みんなの反応は

「本当にいいおじいちゃんなんだね~」でした

 

 

▼そして事件は起きた

f:id:u-1ch1:20181008125831j:plain

そして、その納車から約1週間後

とても慌てた様子で、そのおじいちゃんが店にやってきました。

 

「DVDのディスクがこわれたから何とかしてほしい」

(DVDディスクが壊れたってどういうこと?)

と思いながら見てみると

ナビのDVDスロットからディスクが出なくなってしまったのこと。

 

通常こういう場合は、

ディスクもナビも壊さないために

車からナビを取り外して専門業者に分解したうえで

きっちり直してもらうんです。

 

が、そんな説明をしても上の空といった様子で

どうにもこうにも、とにかく早く直してほしいと言うので

「もしかしたらDVDが傷つくかもしれませんが、よろしいですか?」

と、事前に断りを入れると、

「なんでもいいから出してほしい」

との返答だったので、

工具を使い強引に引っ張り出しました…

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:u-1ch1:20181008030731j:image

極悪痴漢電車のDVDを。

 

かわいい顔してこのおじいちゃん

孫を乗せる車で

しかも孫に見せるテレビで

極悪痴漢電車 見てました。

 

そりゃ焦るわ!

 

孫の前で突然、何かの拍子に

このディスクが排出された時の気まずさは

いくら想像してもお釣りがくる。

 

恥ずかしそうに

「これ、アレだ エッチなやつだわ」

と言い残し 帰っていかれました。

 

その時の、はにかんだ顔は、

やっぱりかわいかったです。

 

 

▼最後に

おじいちゃんになっても

そのエネルギッシュさがあることに感心しつつ

結局のところ性欲というのは

生きる力の延長線上の子孫を残す力なので

この年齢まで性欲が衰えないということは

成長やパワーが衰えていないという

つまりは、そういうことだと

改めて思い知らされました。

 

(あと、かわいさとのギャップで極悪が際立つことも。)

f:id:u-1ch1:20181008122419j:image

 

だからまったく恥じることなんてなくて

むしろ、こんなにも

生きるパワーに愚直なおじいちゃんなら

僕もなりたいくらいです。

 

そのためにすぐにできることは

何かなって、一生懸命に考えました。

結果、

今夜も妻を抱きます。