会話にもPREP法を! 話しやすく魅力ある人間になるために

twitter

 

今回のテーマは

話しやすく魅力ある人間になること!

です。

僕が所属しているオンラインサロンで、

メンバーが日替わりでラジオをすることになりました。

月曜日の担当はもっちぃでした。

twitter.com

この人、声質も含め話術すごすぎw

マジでラジオ聞いてるみたいな感覚になりました。

このオンラインサロンでは

なかのの夫さんがアドバイザーなんですが、

昨日、ラジオに来て、お話してくれました。

twitter.com

もっちぃの話術のすごさとの相乗効果で

楽しい上に超有益!

なかののさんが もっちぃをソッコーで気に入って

ラジオ中にフォローしに行く場面も!!

このラジオの中に、

たくさんの有益情報があり、

今後の参考にすることは

もちろんなんですが、

僕が一番気になったのは

やりとりそのもの

具体的に言うと

なかのの夫さん

質問に即答してるんですね。

言い方を変えると

最短距離で答えを言う。

コレのすごいところは

1つは、考え方の軸がブレずにしっかりしてるということ

これは、以前からわかっていました。

そして、今回気づいた

もう1つのすごいところは

即答はPREP法の1つなんです

読む人を引きつける文章の書き方として

記事においてもよく語られるPREP法。

ツイートにも応用している人も多いですよね。

PREP法とは

PREP法は主にビジネスシーンで用いられる文章構成方法であり、

簡潔かつ説得力のある文章を作成する際に用いられる。

PREP法における「PREP」とは以下の

  • P=Point(結論)
  • R=Reason(理由)
  • E=Example(事例、具体例)
  • P=Point(結論を繰り返す)

の頭文字を取っている。

wikipediaより

会話の中の短い答えの中にも

実はPREPが行われているんです!

これは!

気づいてしまった!

話してて話しやすいとか

気持ち良かったりする人は

これができています。

自分の経験を思い出してみると

話しやすい人、しっかりした印象の人は

これが当てはまることに気づきました。

人を惹きつける人というのは

文章、話し方に

こういう惹きつける方法が入ってるんですね。

1.聞かれたら、まずズバリ答えを言う

2.理由はそのあと

これだけのことなんですが

自分を振り返ると

全然できてませんでした。

結局のところ、人の評価というのは

見た目もそうだろうし、

実績もそうだろうし、

話し方もその1つです。

まずは、自らを振り返り

話し方も魅力的な人間になる決意をしました。